「こころぴょんぴょん」のペルシア語訳を分析してみた

ニコニコ大百科にある「こころぴょんぴょん」の記事を見ると世界中の全言語に翻訳されている。

ペルシアじゅうたんで有名なイランで話される言語、ペルシア語にも訳されている。

そのペルシア語はどうやって翻訳したのかを分析してみた。




「あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~」とは?

色々な言語で翻訳された「こころぴょんぴょん」を解読してみた

そもそもペルシア語って何?

ペルシア語はイランで使われている言語。

まず、イランの場所を紹介する。

googleマップ


・インドの左にあるのがイラン

・ドバイの上にあるのがイラン

・トルコの右下にあるのがイラン

・サウジアラビアの右上にあるのがイラン


そんなイランで使われている言語がペルシア語。

アラビア語と全く同じ文字を使うけど、文法は全然違う。

違いを簡単に言うと、


アラビア語:
・英語と同じ語順 [S + V + O]
・男性名詞・女性名詞がある

ペルシア語:
・日本語と同じ語順 [S + O + V]
・男性名詞・女性名詞が無い


ペルシア語は、実は日本語と似ている要素が多い。

ペルシア語の語学書では、必ずと言っていいほど

アラビア語よりもペルシア語の方が学びやすいんだぞ!

と宣伝している。

「あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~」のペルシア語訳


آه ^~ ذهن کردم به رقص جعفر ~^~
アハ^~ ゼフン カルダム ベ ラグス ジャファル^~


ハイ、この時点でもう意味不明ですね。

「こころぴょんぴょん」のアルメニア語訳を分析してみた

ペルシア語の発音方法

手書きで書くとこうなる

パソコンだとペルシア文字を編集しにくい。

なので、手書きでペルシア語を書いてみた。

1つ1つの文字に分解すると?

先ほど見せたペルシア語の文を単語1つ1つに分ける。

単語ごとに含まれる文字を分解した。

ペルシア語は←←←←に向かって読む。

なので、「AH」と読む。

「ZHN」と読む。

 

「KRDM」と読む。

 

「BHRGS」と読む。

 

「JFR」と読む。

「ع」の文字は発音が難しい。
ほとんど無音でも差し支えない。



あれ?母音がほとんど無いんだけど・・・

先ほど紹介した読み方だと、子音だらけ。

母音が全くない。

その理由は、ペルシア語は母音を書かない言語だから。

英語で例えると


母音あり:this is the pen.

母音なし:ths s th pn.


元々母音は発音される。

だけど、文字を書くときは母音だけ省いて書く。

これがペルシア語です。
(アラビア語でも同じ)

じゃあ、母音はどうやって見分けるの?

ペルシア語は母音を書かないと言った。

じゃあ、母音を探す手がかりはあるのか?

結論から言うと、

手がかりなんていうモンは無い!

単語ごとに覚えるしかない。

中国語の漢字の読み方を覚える作業と似ている。

ペルシア語学習者の為に母音記号が付いている

子音しか書かれていないと、外国人はペルシア語が発音できない。

そのために、ペルシア語に母音記号を付けている。

こころぴょんぴょんのペルシア語に母音記号を付けるとこうなる

青文字母音の記号です。

ペルシア語における母音記号の読み方は以下。

ペルシア語の母音は「ア」「エ」「オ」の3つだけ。

文字の上に「O」が付いた場合は、母音を読まない。

子音だけ読んでね!

っていう意味です。

母音記号付きのペルシア語を読んでみよう

 

「AH」と読む。

 

「ZEHN」と読む。

 

「KARDAM」と読む。

 

「BEH RAGS」と読む。

「JAFAR」と読む。

 

よって、こころぴょんぴょんのペルシア語は以下のように読める。


آه ^~ ذهن کردم به رقص جعفر ~^~
※ペルシア語は←←←←に向かって読む

~^RAFAJ SGAR HEB MADRAK NHEZ ~^HA
※アルファベットも←←←←に向かって読む

~^ルァフャジ スグラ ベ ムダルカ ンフゼ ~^ハア
※カタカナ読みも←←←←に向かって読む


ただし、「 به」「ベフ(BEH)」ではなく「ベ(BE)」と読む。

以上がペルシア語の発音方法でした。

ペルシア語を分析するとこうなる

ペルシア語は←←←←に向かって読む
アルファベットやカタカナ読みは→→→→に向かって読んでね。

「 آه(AH)」=「アハ~」


آه ^~ ذهن کردم به رقص جعفر ~^~
アハ^~ ゼフン カルダム ベ ラグス ジャファル^~


「 آه(AH)」は感嘆詞。

「あぁ^~」に相当する。

「ذهن(ZEHN)」=「心」


آه ^~ ذهن کردم به رقص جعفر ~^~
アハ^~ ゼフン カルダム ベ ラグス ジャファル^~


「ذهن(ZEHN)」「心」を意味する名詞。

「 کردم(KARDAM)」=「私は~した」


آه ^~ ذهن کردم به رقص جعفر ~^~
アハ^~ ゼフン カルダム ベ ラグス ジャファル^~


「 کردم(KARDAM)」「私は~した」という意味の動詞。

英語で言う「I did」「I made」

ペルシア語  کردم(KARDAM)

「من(MAN)」「私」を意味する。

なので、「 کردم(KARDAM)」単数・一人称

「به رقص(BE RAQS)」=「~へ踊る」


آه ^~ ذهن کردم به رقص جعفر ~^~
アハ^~ ゼフン カルダム ベ ラグス ジャファル^~


「به رقص(BE RAQS)」は、正確には「به(BE) 」「رقص(RAQS)」がくっついている。

 

「به(BE) 」は「~へ」の意味を持つ前置詞

「رقص(RAQS)」は「ダンス」と言う意味を持つ名詞

「جعفر(JAFAR)」=「ジャファルさん」


آه ^~ ذهن کردم به رقص جعفر ~^~
アハ^~ ゼフン カルダム ベ ラグス ジャファル^~


「جعفر(JAFAR)」のペルシア語をネットで調べても「ジャファルさん」という男性名しか出てこない。

ペルシア語 جعفر(JAFAR)

うーん、なんでだろう?

こころぴょんぴょんにジャファルさんがいたのかな?

ペルシア語訳のまとめ


آه ^~ ذهن کردم به رقص جعفر ~^~
アハ^~ ゼフン カルダム ベ ラグス ジャファル^~


を日本語に直訳すると


アハ~
私は心がダンスをした。
ジャファル!


なんか変な訳になっている。

試しにgoogle翻訳でペルシア語に訳してもらったけど、全然違うペルシア語になっている

とりあえずニコニコ大百科にあるペルシア語は解読できなかった、という事にしましょうか。

【関連】アラビア語やウルドゥー語も読んで、どうぞ

「こころぴょんぴょん」のアラビア語訳を分析してみた

「こころぴょんぴょん」をウルドゥー語へ翻訳してみた