【ウェールズ語】前置詞の後に人称代名詞が来たら「前置詞」が人称変化する

ウェールズ語は、ヨーロッパ言語によくある名詞や形容詞の「格変化」が無い!
属格すら無い!英語と同じだな!

でも前置詞の後に人称代名詞が来ると、前置詞の形が変化する。

本記事では、主に「話し言葉」でよく使われる6つの前置詞の変化形を紹介する。

“【ウェールズ語】前置詞の後に人称代名詞が来たら「前置詞」が人称変化する” の続きを読む

アルメニア文字をグルジア文字、ラテン文字と比較しながら覚えてみた

グルジア文字の読み方を覚えた状態で、アルメニア文字も覚えようとしている訳の分からない人がいる(俺です)

アルメニア語の「有声音」や「無声音」の関係が、ちょうどグルジア語の「有気音」「放出音」なので、比較してみた

“アルメニア文字をグルジア文字、ラテン文字と比較しながら覚えてみた” の続きを読む

「アッー!」が発音できない理由と、改善案を語学マニアの視点で説明してみた

ネットをやっている兄貴なら「アッー!」の日本語は聞いたことがあると思う。

でも「アッー!」の表記だと、発音はできないと思うんですけど(名推理)

エストニア語にある「超長子音」を日本語に取り入れれば「アッー!」が発音できる(かもしれない)

“「アッー!」が発音できない理由と、改善案を語学マニアの視点で説明してみた” の続きを読む

エストニア語学習者がラトビア語のニューエクスプレス語学書を読んだ感想

私のブログに「ラトビア語」のカテゴリーが何故か無い!

なのでエストニア語勉強の気分転換に、お隣のラトビア語のブログ記事を書くという、訳の分からない事をやってみた。

キュゥべえ「わけがわからないよ」

“エストニア語学習者がラトビア語のニューエクスプレス語学書を読んだ感想” の続きを読む

【駅メモ】絶対に参考にならない、廃駅の夕張駅を自転車で直接取る方法

北海道サイクリングのついでに、廃駅になった夕張駅あたりをレーダー無しで取った。

自転車で山を登って桜を見ながら駅メモをやるという訳の分からないプレイをしたので、紹介する

“【駅メモ】絶対に参考にならない、廃駅の夕張駅を自転車で直接取る方法” の続きを読む

ウェールズ語には、biim兄貴の名前を使ったbûm(ビーム)がよく出てくる

ウェールズ語では「私は~であった(点過去)」を意味するbûm(ビーム)の動詞が良く出てくる

そのbûm(ビーム)の単語を見るたびに、RTAで有名なbiim(びいむ)兄貴を連想してしまうのでブログ記事化したゾ~

biim兄貴を使ったウェールズ語講座
はっじまるよー。

“ウェールズ語には、biim兄貴の名前を使ったbûm(ビーム)がよく出てくる” の続きを読む

外国語独特のラテン文字を入力するならgoogle翻訳のエスペラント語が便利

例えば、ウェールズ語の長母音 û はgoogle翻訳のキーボードには登録されていない。

でも、エスペラント語手書きだと、何故か出てくる。
ラテン語の長母音 ū も、同様の考え方で出せる。

“外国語独特のラテン文字を入力するならgoogle翻訳のエスペラント語が便利” の続きを読む

やる夫は、エストニア語の母音「ウ」である「u」「ü」「õ」の発音を学ぶようです

エストニア語は、日本語やフィンランド語とほぼ同様の読み方でイケる。

ただし一部だけフィンランド語と異なる発音がある。

まずは「ウ」に聞こえる母音文字

「u」「ü」「õ」

からハイ、よーいスタート(棒読み)

“やる夫は、エストニア語の母音「ウ」である「u」「ü」「õ」の発音を学ぶようです” の続きを読む

ジョージア語(グルジア語)で「あほ(აჰო)、ぼけ(ბოკე)、まぬけ(მანუკე)」と簡単に入力する方法

google翻訳にあるジョージア語のキーボード配列は、英語で言うQWERY配列になっている。

なので、英語でタッチタイピングができる兄貴は

აჰო(aho・アホ)、ბოკე(boke・ボケ)、მანუკე(manuke・マヌケ)

のグルジア文字を簡単に出せる。

“ジョージア語(グルジア語)で「あほ(აჰო)、ぼけ(ბოკე)、まぬけ(მანუკე)」と簡単に入力する方法” の続きを読む

ノルウェー語四週間を図書館でリクエスト申請したら、一カ月半で届いた話

「ノルウェー語四週間」は絶版
amazonで買うと6万円もする!

だけど図書館でリクエスト申請すれば「無料」で読めるよ!
っていう話

(本記事はアフィリエイト案件では) ないです

“ノルウェー語四週間を図書館でリクエスト申請したら、一カ月半で届いた話” の続きを読む

「あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~」のフィンランド語訳を修正してみた

「フィンランド語のしくみ」とニューエクスプレスを少しかじっただけの私が、偉そうにフィンランド語を修正してみた。

最後の動詞の説明が「子音交替」と絡んでいて超長~いけど、許して♡

“「あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~」のフィンランド語訳を修正してみた” の続きを読む

「あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~」のノルウェー語(ブークモール)を修正してみた

ノルウェー語を勉強していたら、なんとなく「心ぴょんぴょん」の作文をしたくなってきた。

「既知形」と「未知形」の文法項目も含めて、修正した内容を説明する。

“「あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~」のノルウェー語(ブークモール)を修正してみた” の続きを読む

「あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~」のウェールズ語を「書き言葉」にしてみた

どの言語でも「話し言葉」と「書き言葉」がある。

ウェールズ語の語学書を見ると、なぜか「話し言葉」「書き言葉」を強調してくる。
外国語学習者に対して「話し言葉」「書き言葉」の2言語併用を求めるのは、やめちくり~

という訳で、書き言葉で心ぴょんぴょんしてみた

“「あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~」のウェールズ語を「書き言葉」にしてみた” の続きを読む

フィンランド語・韓国語・ウェールズ語・ロシア語・ヘブライ語の子音変化を比べてみた

私がこれまでに学んだ言語
フィンランド語、ロシア語、ウェールズ語、韓国語、ヘブライ語
はどれも子音変化が起こる。

なので上記の言語で子音変化を比較してみた。
(正確に言うと “対照” ですが・・・)

“フィンランド語・韓国語・ウェールズ語・ロシア語・ヘブライ語の子音変化を比べてみた” の続きを読む

フィンランド語の「子音階程交替 (kpt交替)」を分かりやすく表で整理してみた

フィンランド語の文法書を読み進めていくと、子音階程交替 (しいんかいていこうたい) という恐ろしそうな 呪文 文法に出会う。

基本は「強階程→弱階程」なんだけど、ある条件になると逆の「弱階程→強階程」とか、これもうわかんねぇな

韓国語やウェールズ語よりも子音変化のルールが複雑だと思う(小並感)

“フィンランド語の「子音階程交替 (kpt交替)」を分かりやすく表で整理してみた” の続きを読む

ニューエクスプレスのフィンランド語に出てくる挿絵の女の子が可愛いので紹介してみた

語学書の入門書だと、会話文の下に挿絵が描かれている事が多い。

ニューエクスプレスのフィンランド語の場合、カオルちゃんが可愛いので紹介してみた。

なお、ノルウェー語の方は(ry
“ニューエクスプレスのフィンランド語に出てくる挿絵の女の子が可愛いので紹介してみた” の続きを読む